この記事をシェアしますか?

今がチャンス!!
話題のコンブチャが83%OFF!


水って結局ダイエットにはどれくらい飲めばいいの?!【水ダイエットの掟】

水はよく一日2リットルは飲むといい!とか飲みすぎると太る!など、たくさんの水に関する情報がありますよね。そこで!今回は「水」でダイエットの効果を狙うには結局どれくらい飲めば良いのか、ダイエットしたいときの水の飲み方などを徹底調査致しました!

スポンサーリンク

水でダイエットできる?!

結論から言うと多くの芸能人や一般人のあいだで水を正しい方法で飲み、ダイエットに成功している人はたくさん存在します。

有名人でいうと

水 ダイエット 綾瀬はるか

水 ダイエット 押切もえ

水 ダイエット 黒木メイサ

などがメディアでも「水ダイエット」をしていると発信していました。

一般の人も多くの方が水ダイエットに成功しているとつぶやいています。
一般の方が何の利益なしにつぶやいているのが一番説得力がありますよね。

では水ダイエットにはどのような効果があるのかまとめてみます!

水ダイエットの効果

水 ダイエット

水ダイエットにはたくさんの嬉しい効果があります。

例えば

水 ダイエット むくみがとれる
水 ダイエット 代謝があがる
水 ダイエット 便秘解消につながる
水 ダイエット セルライト防止になる
水 ダイエット 汗をかきやすく老廃物が排出される
水 ダイエット 基礎体温が上がる

などなど、たくさんのダイエットにもおすすめな効果があります。

水を飲みすぎるとむくみが出るって本当?

水 ダイエット 「水を飲むと水太りする」

水 ダイエット 「水を飲みすぎるとむくむ」

ということを聞いたことがあるかもしれませんが、この症状が出てしまうのは実は飲み方が原因なのです。

例えば水は、1分間のあいだに人間が蓄えるべき量というのが決まっています。

人間の腎臓が持つ最大の利尿速度は毎分16mlであるため、これを超える速度で水分を摂取すると体内の水分過剰で細胞が膨化し、希釈性低ナトリウム血症を引き起こす水中毒に陥る。
出典:Wikipedia

なので、水ダイエットをやりたいからといって、一度にたくさん飲むということをしてしまうのはよくありません。逆に、こまめにちょこちょこ水を摂取するのが理想なのです。

また、むくみというのは体内に老廃物がたまった状態、すなわちトイレの回数が少なかったりするとむくみの原因になります。

水 ダイエット 水をいっきに飲むとむくみの原因になる

水 ダイエット 水を飲まなくてもむくみの原因になる

したがって、水をこまめにちょこちょこ少しずつ合計たくさんの量を飲むことにより水中毒を避け、むくみを避け、ダイエットやむくみ取りに繋がります。

ちなみに著者の体験談ですが、帝王切開後に酷いむくみが出ました。これは身体の水分量のバランスが壊れてむくみの原因となるのですが、そのときも医師から、「水をたくさん飲んでトイレにたくさん行き、身体の水分量のバランスを整えるように」といわれこまめに水をたくさん飲んでトイレにたくさんいったところ、すぐにむくみが取れました。

話しは水ダイエットに戻ります!
では次に、水ダイエットはこまめにたくさん飲むと良い以外に効果を高める方法をまとめてみます。

水ダイエット効果的な方法① 飲むタイミング

水 ダイエット

水をダイエットとしての効果を高めたいのなら、飲むタイミングは重要です。
ではいつ水を飲むと効果的なのでしょうか?

水 ダイエット 起床時

水 ダイエット 食前(コップ1杯くらいまで)

水 ダイエット 食後30分後くらいから次の食事までちょこちょこ

水 ダイエット 入浴前

水 ダイエット 入浴後

水 ダイエット 就寝時

食事をしている時以外は常にこまめ水を飲むことが大切です。

水ダイエット効果的な方法② 常温または白湯

冷たい水はダイエットにも健康にも厳禁です。
冷たい水を飲むと身体が冷え、これもむくみの原因になります。

常温で飲むか、ぬるめの白湯で飲むと代謝アップでダイエットの効果があります。

水 ダイエット

一日で水を飲む理想の目安

いっきに飲んではいけないことと、こまめにたくさん飲むことが良いと説明してきましたが、

水 ダイエット 結局一日どれくらい水を飲むのが理想的なの?

という疑問がわいてくると思います。

一般的に理想とされている一日の水分量は、体重の4%です。
例えば50キロ体重の方が2リットルが理想の水分補給量です。




水の種類で効果が違うの?

水には硬水、軟水、ミネラルウォーター、水道水など色々ありますが、水分補給としては基本的にはどれでも変わりはありません。

ただ、水によって更に得られる栄養分が違います。

例えば硬水はカルシウム、ミネラルを多く含んでいます。
「バナジウム天然水」というのも最近話題ですが、バナジウム天然水は血糖値を下げる効果があるといわれています。

水を選ぶ時には水分補給プラス自分の身体に合ったもの、必要な栄養素で選ぶと良いでしょう。

また、水が入っているからと言って、コーヒーや紅茶やお茶などはここでいう体重の4%水ダイエットには入りません。なぜならコーヒーやお茶を分解する為に「水」が必要とされてしまうからです。

水分補給に関する少しこわい話

厚生労働省でも水分補給を呼びかけています。

体の中の水分が不足すると、熱中症(ねっちゅうしょう)、脳梗塞(のうこうそく)、心筋梗塞(しんきんこうそく)など、さまざまな健康障害(しょうがい)のリスク要因となります。
健康のため、こまめに水を飲みましょう。

私たちが生きていくために「水」は欠くことのできない存在ですが、その摂取量が不十分であることによる健康への障害が多くの悲劇を引き起こしています。児童生徒等を中心にスポーツなどに伴う熱中症による死亡事故は後を絶ちません。また、中高年で多発する脳梗塞・心筋梗塞なども水分摂取量の不足が大きなリスク要因のひとつとなっています。これら脱水による健康障害や重大な事故などの予防には、こまめな水分補給が効果的です。
寝る前、起床時、スポーツ中及びその前後、入浴の前後、そしてのどが渇く前に水分補給を心がけることが重要です。

出典:厚生労働省

日本人は特に水が不足している人が多いようです。
水はダイエットだけでなく生きていく上での健康面でもとても大切な要素になりますね。

水って結局ダイエットにはどれくらい飲めばいいの?!【水ダイエットの掟】 おわりに

今回は「水ダイエットの効果」「水ダイエットの効果的なやり方」「水ダイエットの注意点」「水の種類」についてまとめました。正しく水分をとってダイエットに役立ててください!

こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう