この記事をシェアしますか?

今がチャンス!!
話題のコンブチャが83%OFF!


正しい糖質制限を子どもにする方法とは?!

みなさんダイエットをされている方だと糖質制限という言葉をよく耳にすると思います。大人にとっての糖質制限はダイエット目的が主ですね。では子どもに糖質制限をすることでどの様なメリットがあると思いますか?特に日本では、子どものまわりにある飲食物には糖分が多いもので溢れているのです。

また、子どもに糖質制限をする場合は大きなメリットがありますが、ただやみくもに糖質を制限をすると危険です。子どもにとって良い影響のある糖質制限のやり方というのはご存知でしょうか?こどもの糖質制限は、すぐに実践できて効果の出やすいとてもシンプルなやり方です。

スポンサーリンク

糖質制限を子どもにすると?

糖質制限を子どもにするとどういったメリットがあるのでしょうか?

糖質制限 こども 集中力があがる

糖質制限 こども 寝つきがよくなりぐっすり眠れる

糖質制限 こども イライラしなくなる

糖質制限 こども 落ち着きのないこどものストレスが減り、落ち着く

このようなメリットがあると言われています。
よく糖分を子どもに与えるとハイパーになるなんて言いますよね。

ただ子どもに糖質制限をする場合には注意も必要です。
そしてどの様に糖質制限をすれば子どもにとって効果的なのか?というところだと思います。

糖質制限 こども

糖質制限のやりかた【子ども編】

子どもへ良い影響のある糖質制限は簡単で、今日から実践できます。
大人の糖質制限というと主食を見直したり、色々な知識が必要ですよね。糖質制限が気になるけど面倒でやらないという人もいると思います。

ですが子どもの糖質制限はもっとシンプルで、【悪いものを摂らない】こういう見方になります。
まず、身の回りのスナックやジュース類を見てみてください。

とくに日本は、余計な糖分が子供用のスナックやジュースにたくさん含まれています。
そういった市販のお菓子やジュースを控えることでまず子どもにとって効果的な糖質制限ができます。



白砂糖を黒砂糖に変える?

食べもので白いものは太りやすい、身体に良くないときいたことはありませんか?
例えば小麦粉、白米、白砂糖です。今はグルテンフリー、玄米、雑穀米がダイエットにも人気ですよね。

砂糖には、大きく分けて白砂糖と黒砂糖があります。
白砂糖と黒砂糖を比べると、白砂糖の方がカロリーが高かったり栄養価が少なかったりします。

糖質制限 こども 白砂糖の方が100gあたりのカロリーが50キロカロリーも多い

糖質制限 こども 黒砂糖のカルシウム量は白砂糖の約2.5倍も含まれる

糖質制限 こども 黒砂糖の鉄分は白砂糖の5倍

実は白砂糖は黒砂糖に比べて栄養価がほとんどないと言えるのです。
黒砂糖のカロリーの方が低い面からも、普段使うお砂糖を、白砂糖から黒砂糖に変えるだけでも良質な糖質制限に繋がります。

子どもに与えるおやつやジュースの見直し

日本にある子ども用の市販のジュースやお菓子は、子どもにとっても魅力的なキャラクターが描かれていたり子どもに喜ばれる工夫がされています。なのでお母さんも子どもが喜ぶし手に取りやすいのですが、それらにも白砂糖がふんだんに使われています。

そういったジュースやお菓子を、例えば麦茶や手作りのお菓子にすることで悪質な糖質を制限することが出来ます。実際に実行された方の中には、このような方もいます。

糖質制限 こども 「こどもが学校に行くのが楽しくなった」

糖質制限 こども 「こどものアトピーが改善された」

出典:Amazon 糖質制限で子どもが変わる! 三島塾レシピ ― 成績&集中力アップ! もう「勉強しなさい! 」は言わなくてOK レビュー

このような方もいます。

正しい糖質制限を子どもにする方法とは?! おわりに

ジュースやスナックを見直すだけで子どもにとって良質な糖質制限ができます。子どもの体調やストレスの面でもとても良い影響がを与えるので、お母さんの毎日の負担や心配も減り、とても嬉しい効果が期待できますね。簡単で安全な子どもの糖質制限、すぐに始められるのでぜひ試してみてください。

こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう