ストレスで食べ過ぎ?ストレスで太るは本当か?

この記事をシェアしますか?

今がチャンス!!
話題のコンブチャが83%OFF!


ストレスで食べ過ぎ?ストレスで太るは本当か?

世の中にはストレスで食べ過ぎてしまう傾向の人と、ストレスを感じると食べれなくなってしまう傾向の人、またはストレスをあまり感じない人にわかれます。更にストレスを感じると食べていなくても太ったように感じる場合もありませんか?これはすべて人間の脳と胃につながりがあることが関係しています。

スポンサーリンク

ストレスで食べ過ぎるのはメンタルが弱い?

ストレス 食べ過ぎ

ストレスで食べ過ぎてしまう人は多いです。ストレスを感じると、人間はストレス発散をしたいという気持ちになるので、それを食べ物で補おうと、「好きなものを食べて幸福感を感じたい」という気持ちになるからです。でも実はこのストレス発散法はあまりおすすめできません。なぜなら食べ過ぎてしまって罪悪感が残り、更にストレスを感じてしまうからです。

更にストレスを感じているときには、食べても食べなくても、身体が太りやすい傾向にあるのは、実は科学的にも証明されています。

ストレスを感じているときに食べても食べなくても太りやすいというのは「レプチン」という満腹感を脳に伝えるホルモンの働きが鈍くなっているからです。更にこのホルモンが分泌されているあいだは、脳が脂肪を蓄えるように指令を出します。ですので食べても食べていなくても、身体が太りやすくなってしまっているのです。

太りたくなければ食べること以外でストレス発散をする方が良いでしょう。




ストレスで太るは本当だった

ストレス 食べ過ぎ

この満腹感を感じさせるレプチンというホルモンの関係で、ストレスを感じているときに太るというのは本当のようです。

でもストレスを感じているときにヤケ食いしてしまう傾向にあるのもなかなか抑えられないものです。日常を生きていると、ストレスを感じてしまうのはなかなか避けられないですが、ストレスでのヤケ食いをできるだけ防止する策はいくつかあります。

「ストレスを感じないようにする」というのは人間的に無理があるので、日常からヤケ食いをいかに防止できるかを考えてみましょう。

ストレスで食べすぎ防止方法① 身近にお菓子などを置かない

お菓子やジュースなど太る原因となる糖分や塩分の高いものが、手の届く場所にないようにしておきましょう。ストレスを感じたときに、何か自分の好きな食べ物(太る原因のもの)があると、すぐに手が届いてしまい気軽に食べることができてしまいます。

例えば家の中に太る原因の食べ物がなければ、わざわざ買いに行かなければならないので、「まぁいいか」と買いに行くくらいなら食べないでいられる場合もあります。

ストレスで食べすぎ防止方法➁ ストレス発散法を知る

ストレスを感じたときに、食べること以外でのストレス発散法を知っておきましょう。自分が何をしたらストレス発散できるか、ストレスを感じる前に知っておけば、食べることでストレス発散せずに済みます。

ストレス 食べ過ぎ ウィンドーショッピング
ストレス 食べ過ぎ カラオケ
ストレス 食べ過ぎ 散歩
ストレス 食べ過ぎ ジョギング
ストレス 食べ過ぎ ドライブ

できれば家の中でなく外へ出て食べ物を近くに感じずに済むストレス発散法を見つけてみましょう。映画鑑賞だったりテレビ、漫画など家の中だと何かしら冷蔵庫から探して食べてしまったりすることがあります。




ストレスで食べ過ぎ?ストレスで太るは本当か? おわりに

ストレスを感じているときはホルモンの影響で食べても食べていなくても、太りやすい身体になっています。食べること以外で自分に合った、日々のストレス発散法を研究し、ストレスを発散しやすい環境を作っておきましょう。

こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう