ダイエットでリバウンドしない➂つの秘訣とは?!

この記事をシェアしますか?

今がチャンス!!
話題のコンブチャが83%OFF!


ダイエットでリバウンドしない➂つの秘訣とは?!

ダイエットといえば、多くの女性にとっての永遠のテーマといっても過言ではないと思います。「痩せて美しくなることで自分に自信を持ちたい!」、「好きな洋服を着たい!」、「異性にモテたい!」そんな風に思っている女性は多いと思います。

しかし、せっかくダイエットに成功しても、やり方を間違えればリバウンドをしてしまい、元の体重以上に太ってしまう可能性もあります。そうならない為にも、今回はリバウンドをしないダイエットの秘訣を3つ、その理由も含め具体的に解説します!

スポンサーリンク

そもそもなぜダイエットでリバウンドをしてしまうのか?

ダイエット リバウンドしない

ダイエット経験者なら誰もが、「停滞期」というものを経験しているのではないでしょうか。
この停滞期には、人間の身体の持つ本来の性質が関係しています。

例えば過度な食事制限などで脳が飢餓状態だと判断すると、基礎代謝を抑え飢餓状態にならないようにと身体を守る反応をします。

これを「ホメオスタシス効果」といい、リバウンドとも大きく関係しているのです。

ダイエットのリバウンドにはホルモンが関係

また、脂肪が身体に吸収されると「レプチン」というホルモンが分泌され、満腹中枢が刺激されます。

これにより人は満腹感を得ることができるのですが、過度な食事制限などで脂肪の吸収が減少するとレプチンの分泌量も減ってしまいます。こうなることで、ダイエット中はいつも以上に空腹感を感じやすくなってしまうのです。

また、このレプチンの分泌量が減ってしまっても、身体がその量を正常の量だと判断するまでに約1ヶ月も時間がかかってしまうそうです。ですから、ダイエットをやめてしまった場合、身体はレプチンの分泌量が減ってしまっているわけですから、満腹感を感じにくく、更に食べる量が増えてしまいリバウンドをしてダイエット前よりも太ってしまう可能性が高いというわけです。

ではこのような点をふまえて、ダイエットでリバウンドしないためにできることを、3つご説明します。




ダイエットでリバウンドしない方法① 減って良い体重を理解

まず1つ目は、過度な食事制限をしないことです。前述でも述べた通り、過度な食事制限で急激に体重を落とすと、身体はホメオスタシス効果により停滞期を引き起こしてしまいます。

ホメオスタシス効果は、1ヶ月に体重の5%以上が減ってしまうと働きやすくなるので、5%以下に抑え、緩やかに体重を減らすようにしましょう。

1週間で何キロ痩せるとリバウンドしにくいダイエットなのか体重別に早見表を作成!リバウンドしないダイエット成功されたい方は参考にしてみてください!1週間に何キロ痩せるのがリバウンドしないダイエットなのか?リバウンドなしでダイエットを成功させるには、1週間単位で小さな目標をコツコツ達成していくことが大切!

ダイエットでリバウンドしない方法➁ 1か月ルール

2つ目は、レプチンの分泌量にも気をつけることです。体重が減ってダイエットをやめたとしても、身体がレプチンの分泌量が正常の量だと判断するまでには1ヶ月かかります。

逆に言うと、体重が減ってから1ヶ月間キープできると、リバウンドの可能性は低くなると言うわけです。

ダイエットで目標体重を達成したとしても、その後の1ヶ月は気を抜かないようにしましょう。

ダイエットでリバウンドしない方法➂ ストイックにならない

3つ目は、ストレスを溜めないことです。ストイックになればなるほど、その反動は大きいものです。食べないダイエットをすると、食べたい欲求は強くなり、リバウンドの危険も大きくなります。

たまには自分にご褒美を与えながら、気楽に続けていける方法を選ぶのがリバウンドをしない為の秘訣になるでしょう。




ダイエットでリバウンドしない➂つの秘訣とは?! おわりに

ダイエット成功者の多くは、1週間のうち1日は好きなものを食べるとか、3日に1回おやつに好きなものを食べるなど、ストレスをうまく発散しながらダイエットを継続しています。

ダイエットで成功するためには継続することが必要です。あまり無理をしすぎず、小さなことをコツコツ継続できるようにダイエットをしていきましょう。

こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう