この記事をシェアしますか?

今がチャンス!!
話題のコンブチャが83%OFF!


【お腹部分痩せダイエット】1か月でー5センチの方法⑥つとは?

お腹の部分痩せダイエット方法は色々ありますが、早く効果が出るもの、効果がなかなか出ないもの、色々と情報がたくさんあるので悩まれている方も多いのではないでしょうか。お腹は特に出ていると気になる部分で、「お腹を引き締めたい」と思われている方は多いと思います。

そこで、今回は1か月でウエスト5センチはマイナスできると言われているお腹の部分痩せダイエット方法6つをご紹介します。

スポンサーリンク

お腹部分痩せダイエットは難しい?

お腹 部分痩せ ダイエット

お腹は一般的に太りやすいと言われています。その理由は、毎日の食べ物の影響、腸、ガスなどがお腹の見た目にも影響されやすいからです。食べるものによっても、毎日お腹の見た目は違いがあると思います。

お腹には脂肪がとても付きやすく、最もケアすべきポイントでもあります。しかし若い人では腹筋がないとお腹が太く見え、更に加齢とともに体の代謝も衰えてしまいますから、お腹痩せは大変です。

そんなスタイル維持が大変といわれている【お腹の部分痩せダイエット】をご紹介します!

【お腹部分痩せダイエット】ポイント① 全体的な食生活改善

お腹の部分痩せダイエットのポイント①は、食生活の改善です。冒頭でもお腹の見た目は、毎日の食事からの影響を受けやすいとお話ししました。逆に言うと、食事内容の改善でお腹の脂肪のほとんどをなくしていくことができます。

当たり前ですが、食事は毎日バランスよくとる事が必要にです。脂肪は、脂質や糖質の取りすぎによることがあげられます。スナック菓子やケーキなど、日頃の食生活を見直す事が必要です。油はオリーブオイルなど、善玉コレステロールのものにする事で、血液をさらさらにし、代謝量もアップします。

オリーブオイルのすごいダイエット効果をご存知ですか?オリーブオイルダイエットのシンプルなやり方で即効性のあるダイエット方法をお試しください。その際の注意点などもまとめてみました。オリーブオイルダイエットの効果はヨーロッパなどでは古くから伝わります。オリーブオイルの効果はすぐにダイエットされたい方におすすめです。

日々の食事を良質なものにしていくことで、基礎代謝量がアップし、運動をしていなくても普段の生活での消費カロリーが増えます。




【お腹部分痩せダイエット】ポイント➁ 食材の選び方

お腹の部分痩せダイエットには脂肪分解、便秘解消などが直接関係してきます。お腹の脂肪状況を改善してくれる、食物繊維が豊富な野菜や豆類、きのこ類など、脂肪吸収を抑えたり便秘解消に効く食材がおすすめです。

お腹の部分痩せダイエットに効果的な食べ物

お腹 部分痩せ ダイエット 緑黄色野菜
お腹 部分痩せ ダイエット 豆類
お腹 部分痩せ ダイエット きのこ類
お腹 部分痩せ ダイエット 玄米

これらの食材は食物繊維が豊富なので、お通じがよくなり便秘が解消され、便秘のためにポッコリしていたお腹の対策になります。

お腹の部分痩せダイエットと聞くと、腹筋などしなければならないイメージのある方も多いと思いますが、お腹が出ているということは食べ物の影響も大きいですので、普段の食生活改善からもお腹の部分痩せダイエットが成功する可能性が十分あります。

酵素食品で5キロダイエットに成功した食事方法をご紹介します。キツイ運動よりもとても簡単で効果的だった酵素食品ダイエットです。菌活ともいいますが、酵素食品は便秘解消などダイエットにとても効果的な食材です。ダイエットだけでなく健康にも最適なので毎日の食事にぜひ取り入れたい食事方法です。私が取り入れた酵素食品をご紹介します。
マイナス5キロダイエットに運動なしで成功した食事療法の方法です。運動なしで確実に痩せるためには日々の食事を変えていく食事療法がキーワードです。しっかり食事に気を付けてダイエットの知識があれば運動なしでダイエットは可能です。5キロ痩せた食事療法、興味のある方は参考にされてみてください。具体的な調理方法もご紹介しています。

【お腹部分痩せダイエット】ポイント➂ 食べる順番

食事を始める際には、野菜や豆類など、食物繊維の多いものから食べ始めることで、血糖値の上昇を防ぐことができます。そうなると、脂肪の吸収を押させることが出来るのです。

食事制限では続かない場合が多いですから、まずは食事の内容を食べる順番などを変えてみる事でお腹痩せに取り組む事をおすすめします。

続いて食生活改善のほかにお腹の部分痩せダイエットに効果的な、簡単な運動などもご紹介します。




【お腹部分痩せダイエット】ポイント④ ウォーキング方法

ウォーキングは有酸素運動や健康、体力維持で人気ですが、お腹も痩せたい場合は、ただ歩くだけではなく、インナーマッスルを鍛えるように意識することでお腹部分痩せダイエットの効果があります。

腹筋を鍛えるには腹式呼吸で息を吐いたときにお腹をへこませるようにします。そのままお腹の腹筋を意識しながら、姿勢を真っ直ぐにすることで腹筋をさらにつかいますので、ウォーキングの有酸素運動とともにインナーマッスルを鍛えることが出来ます。

これは日頃の生活の中でも歩いているときに意識することで、ダイエット効果になります。当然、本格的なウォーキングをする場合には、時間も20分以上は歩くことで脂肪の燃焼も効果的になります。

筋トレと有酸素運動、ダイエットで効果があるのはどちらか、それぞれの効果をまとめました。ダイエット中の方は筋トレと有酸素運動、どちらがよいのか悩んだことはありませんか?筋トレか有酸素運動、または両方か。ダイエットを効果的に成功させるためにも正しい方法を理解して効率的にダイエットを成功させましょう!

【お腹部分痩せダイエット】ポイント➄ 呼吸方法

お腹部分痩せダイエットが期待できる呼吸方法ですが、ウォーキング方法のご説明の時にもお話しした、腹式呼吸が基本です。この呼吸法は「スローブレス」といいます。いつでも何処でも出来るスローブレスは、お腹痩せに繋がります。

ーースローブレスのやり方ーー

お腹 部分痩せ ダイエット 腹式呼吸で息を吐いたときにお腹を出来るだけへこませる
お腹 部分痩せ ダイエット そのままの状態で1分間ほど保つ

この呼吸方法は、お腹にへこんだ状態を記憶させる心理的な作用、脂肪を付かないように予防する作用があります。スローブレスは、ウエストが1ヶ月で5センチほど減るケースもあるほどです。お腹は脂肪がつき安い部位ですから、スローブレスで腹筋を使う事で、余計な脂肪を付けないように予防することも出来ます。

お腹を引っ込めるときに腹筋に力を入れることがコツになりますので、腹筋運動を行っているようにお腹を引き締めてみると良いかと思います。

【お腹部分痩せダイエット】ポイント⑥ 姿勢

普段の姿勢を正すことでもお腹の部分痩せに効いてきます。背中が丸まっていると腰や関節に余計な負担がかかり、体内の血行が悪くなることがあります。

代謝をよくするにも姿勢を良くすることが必要ですが、特に、たるんだお腹を伸ばし、たるみを改善する効果がありますので、姿勢を正しくするようにすると良いでしょう。

姿勢を良くするためには、ストレッチで体を柔軟にしておくことも良いでしょう。正しい姿勢は胸が張って、背中がそり、お尻がでている状態です。正しい姿勢を作ることで体にかかる重さが分散されますので、腰痛の改善にもなりますし、特にお腹に脂肪が付きやすくならないように予防が出来ます。

【お腹部分痩せダイエット】1か月でー5センチの方法⑥つとは? おわりに

お腹の部分痩せは、正しい方法、今回ご紹介した簡単な方法の知識がないとなかなか痩せることができず悩まれるダイエット方法です。むやみに腹筋をしてもなかなか続かないですし、お腹の部分痩せダイエットはそれよりも食生活で便秘解消効果を高めたり、日々の呼吸で腹筋を意識するだけで痩せることができます。

こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう