年末に太る原因はこの⑤つ?!正月太り予防とは?

この記事をシェアしますか?

今がチャンス!!
話題のコンブチャが83%OFF!


年末に太る原因はこの⑤つ?!正月太り予防とは?

みなさん年末太りとは聞いたことはありますか?年末といえばクリスマスや大晦日、忘年会とご馳走を食べたりお酒を飲む機会が増えますよね。

仕事も納めて気分も解放的になり、ついつい欲望のままに過ごして太ってしまった、という経験がある方も多いのではないでしょうか?
そこで、年が明けて後悔することのないよう、年末に太る原因5つ、代表的なものをまとめます。意識して正月太り予防にも役立ててみてはいかがですか?

スポンサーリンク

年末に太る原因① ご馳走を食べる機会が多い

年末 太る 原因 正月太り

先にも述べた通り、年末に太る原因の一つとしてイベントが多いことが挙げられます。イベントのときは、盛り上がった雰囲気からついつい食べ過ぎてしまいますよね。

また、忘年会などで外食も増え、高カロリーな食事にもなりがち。こうなると当然摂取カロリーは増えてしまうわけで、摂取カロリー>消費カロリーとなり、どんどん脂肪として身体に蓄積されてしまうのです。




年末に太る原因② 運動をする機会が減る

年末に限らず、冬は運動する機会も減りがちです。普段ランニングやウォーキングなどの運動をされている方でも、寒いと外に出るのが億劫になったりしますよね。

また、地域によっては積雪や凍結などで外でのトレーニングができない所もあります。こういった気候に左右されやすいことも、冬に運動が減りがちな要因でしょう。

年末に太る原因③ お酒を飲む機会が多い

年末にイベントが多くなると、必然的にお酒を飲む機会も増えてしまいますよね。

アルコール自体のカロリーは、血行の促進や身体の熱の上昇に消費され燃焼するので、身体の組織になることはないと言われていますが、やはり飲み過ぎは太る原因になってしまいます。

どうしても年末なので飲む機会を避けられない方も多くいると思います。ダイエット中は、一日に100〜200キロカロリーを目安に飲むように気をつけましょう。

また、ビールや清酒、ワイン、カクテルなどには糖質が含まれますが、焼酎やウイスキーには糖質は含まれません。焼酎やウイスキーを水割りで飲むことで摂取カロリーや糖質を抑えることができるでしょう。

太らないお酒ってあるの?!お酒が太るといわれている主な原因は?モデルやダイエッターが実践する太らないお酒の飲み方とは?パーティーや女子会、飲み会でお酒ライフを楽しむために、「太らないお酒の選び方」と「太らないお酒の飲み方」を知っておきましょう。ダイエットとお酒ライフの共存です。あなたのお酒ライフにお役に立てますように。

年末に太る原因④ 仕事が長期間休みになる

年末 太る 原因 正月太り

普段ならば長くても三連休ほどですが、年末年始は、会社や暦によっては一週間以上のお休みになるところも少なくありません。お仕事中は意外とカロリーを消費しているとご存知ですか?

年齢や性別によっても個人差がありますが、例えば体重50kgの方が8時間のデスクワークを行うと、約630キロカロリー消費すると言われています。しかし、安静時(読書やテレビ鑑賞など)では8時間で約450キロカロリーほどしか消費されないので、一日中家でダラダラと過ごす日々が続けば、消費カロリーが減り太る原因となってしまうでしょう。

年末に太る原因⑤ 気の緩み

仕事が休みになることでの気の緩みもありますが、夏とは違い、冬は洋服を着込むので肌の露出がないことから、少し太っても大丈夫という気の緩みもあります。

気がつくと取り返しのつかないことになった、なんてことにならないよう、一日に一回は体重計に乗ってこまめにチェックするようにしましょう。




年末に太る原因はこの⑤つ?!正月太り予防とは? おわりに

年末に太る原因を5つあげてみました。これらを回避して正月太りの土台を作ってしまわないように心掛けてみてはいかがでしょうか。ダイエッターのみなさん、年末のイベントからの正月太りにならないように気を付けましょう。

こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう