夏は太る人が多いって本当?夏太りの原因とは?夏太り対策➂選!

この記事をシェアしますか?

今がチャンス!!
話題のコンブチャが83%OFF!


夏は太る人が多いって本当?夏太りの原因とは?夏太り対策➂選!

今年も暑い季節がやって来ました。蒸し暑かったり、太陽サンサンの日射し熔けそうですね。毎日大量に汗をかくし、とっても痩せそうです。

ところが…。なぜか『痩せる人』より『太る人』の方が多いんです!

そこには思わぬ夏の落とし穴がありました。今日はそんな夏太りについて解説&夏太り対策3選をご紹介します!

スポンサーリンク

夏太りの原因とは?夏はなんで太りやすい?

夏 太り

夏になると、暑さでバテてしまい、食欲も減退気味に。

食欲がないからと、パンやそうめんなど軽いものばかり食べたり、1食くらいなら…と『食べなかったり』。実は、これが余計に太る原因になっているってご存じですか?

夏に食欲がない…太る原因?

夏 太り

夏に食欲がないということはよくあることです。『食欲がない=痩せる』というイメージがある方も多いと思います。

ですが1日のエネルギー摂取量が少なすぎたり、食べない時間があればあるほど、食べたときの吸収率が高くなってしまうので、『余計に太る』のです。




【夏太りの原因】ちゃんとごはんを食べてる?

ちなみにわたしの意見では、ご飯は食べないのに、暑いからとアイスクリームやお菓子などの間食が知らぬ間に増えている方も多いと思います。

また、冷たいものを食べすぎたり、クーラーにあたったりして体を冷やすのも良くないとされています。冷えは代謝が悪くなったりむくみの原因にもなります。

夏 太り

そして、最大の盲点は…..

【夏太りの原因】運動不足

夏 太り

夏太りの大きな原因は、『夏は汗をかくから太らないだろう』という思い込みによる『運動不足』です!

夏は基本的に自分の体温との温度差が少ないので基礎代謝が低め

ですから、たとえ汗をかいていたとしても、体のエネルギーはそんなに消費しません。むしろ汗をかいたら、かいた分だけ身体自体にたんぱく質などのエネルギー物質を溜め込んでいってしまいます。

食べてないのに夏太り

夏 太り

あんまり食べてないのに…
いつも通り食べているのに…
なんで太るの?

と思う方の答えはここにあります。

エネルギーを外に排出しないのに、汗をかいた事により、更に溜め込む。
溜め込んでる上に、普通に摂取するorカロリー割れを起こす。
極めつけに、運動を怠れば…

何もしなくても太る体質』になってしまうんです。

じゃぁ、どうすればいいの?

夏太り対策① 【運動】夏太りにおすすめな運動は?

夏太り対策として、とにかく、運動をしましょう。運動により基礎代謝を上げるのです。

運動方法は『ウォーキング』がいいとされています。ウォーキングは20分以上が理想的です。20分以上ウォーキングをすると有酸素運動の効果も働くのでよりダイエットにも効果的になります。

夏太り対策➁ 【食べるものを選ぶ】

夏 太り

夏太り対策として2つ目は、栄養バランスの取れた食生活です。高たんぱく低カロリー+マグネシウム入りの食材を含めてバランスよく食べましょう。ビタミンも必須です。

高たんぱく低カロリー+マグネシウムは筋肉増強を手助けしてくれるので、健康的なダイエットが目指せます。程よく筋肉をつければ代謝も上がり痩せやすくなります。

夏 太り 高たんぱく低カロリー(お肉やお魚など)
夏 太り マグネシウム(海藻類、魚介類、豆類など)
夏 太り ビタミン(緑黄色野菜、フルーツなど)

そんなにバランスよく食べれないよ。という方は、上手にサプリなども使用しましょう。

夏太り対策➂ 【半身浴】

また、お風呂に浸かって『半身浴』もお勧めです。こちらも基礎代謝が上がります。夏は暑いしシャワーだけになりがちですが、しっかりお風呂に入ることで太りにくい身体になります。

とにかく『自分から体を温めた上で汗をかく事』が重要です。

ダイエットに効果的な入浴方法は以下の記事も参考にしてください♪

ダイエットを運動なしで成功させたい方、リバウンドなしでダイエットを成功させたい方必見!簡単で今日から始められる運動なしのダイエット方法のご紹介です。初心者がダイエットを始める時に運動中心にしてしまうとリバウンドの原因にもなります。今回はどなたでも無理なく続けやすく成功者続出の簡単なダイエット方法の紹介です!




夏は太る人が多いって本当?夏太りの原因とは?夏太り対策 おわりに

ダイエットって意外に大変ですよね。毎日の努力が実を結びます。私もすぐ太る体質なので運動をして改善していきたいなと思いました。

夏太りは厄介です。気付いたときには手遅れ…とならないように、日頃から程よく運動をして体型を維持していきたいですね。それでも、もし太ってしまったら、今一度生活を見直してみてくださいね。

こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

この記事をシェアしますか?

フォローする