夏バテがダイエットに逆効果なワケとは?夏バテにもダイエットにも効く食べ物3選!

この記事をシェアしますか?

今がチャンス!!
話題のコンブチャが83%OFF!


夏バテがダイエットに逆効果なワケとは?夏バテにもダイエットにも効く食べ物3選!

暑い夏に夏バテになる人も多いですよね。でも夏バテ中に食欲がないからといって冷たい飲み物やアイスなどを食べてしまっては危険!更に夏バテになると太りやすい身体になってしまう可能性も大なのです。その原理をご存知ですか?

そしてダイエット中の方は一日の総カロリーが少ないからといって糖分の多いアイスやスポーツドリンクを摂りまくることも夏にむけて行ったダイエットが台無し… 夏バテがダイエットに逆効果な理由と、夏バテにもダイエットにも効果的なサッパリ食べれる食べ物3選をご紹介します。

スポンサーリンク

夏バテはダイエットに逆効果なワケ

夏バテ ダイエット

夏バテ中に食欲がなくなり短期的に体重が減りラッキーと思われている方もいらっしゃるかも知れませんが、実はこれが逆効果。その理由にせまります。

夏バテ中に味の濃いものが食べたくなる

夏バテ中に味の濃い塩分の高い、カップラーメンやポテトチップス、ジュース類を食べたり飲んだりしたくなる事はありませんか?夏バテ中でなくても味の濃い食べ物が食べたくなる経験をされたことのある方は結構いらっしゃると思います。

ちなみにその理由は、汗をかくと体内の塩分が減り、その塩分を補おうと身体が反応します。ですが、ここで味の濃い塩分の高い食べ物を摂りすぎてしまう場合が非常に高くなります。塩分を補うことは問題ないのですが、塩分の高い味の濃い食べ物はついつい食べ過ぎたり飲みすぎたりしてしまうのです。

ポテトチップスやスポーツドリンクをついつい食べ過ぎたり飲みすぎたりしてしまうこともあるかと思います。

ですが身体に必要な塩分以上の塩分を摂りすぎてしますと、太りやすい身体を作る原因になります。




塩分はむくみや太りやすい原因となる

夏バテ ダイエット

ちなみに私たちが1日に必要な塩分は、約10gとされています。これは厚生労働省が定める1日の塩分の理想量ですが、更に厚生労働省によると、日本人の塩分摂取量の平均は約12gということです。

ですので一般的に塩分は摂りすぎている人が多いということになります。更に夏には汗をかいたり疲れたりしてもっと塩分を摂りたくなってしまうので注意が必要です。

そして塩分がむくみや太りやすい原因となる理由はこちらです。

塩分を摂ると人間の身体は水分が必要になります。7gの塩分を分解するのに1リットルの水が必要とも言われています。ですので塩分を摂りすぎてしまうと身体の中の水分が失われていきます。

身体の中の水分が失われることで、循環が悪くなり老廃物が溜まりますね。これがむくみや太りやすい身体になってしまう原因なのです。

夏バテ中に濃い味(塩分)を摂ると太りやすい身体になる

夏バテ ダイエット

夏バテ中の塩分が太りやすい身体を作ってしまうことをご理解いただけましたでしょうか。夏バテ中、暑い夏に疲れたときなどに味の濃いしょっぱい塩分を摂りたくなるのは当たり前のことなのですが、くれぐれも塩分の摂りすぎには気をつけてみてください。

では次に、夏バテ中にもダイエット中にも効果的な食べ物3選のご紹介です♪

夏バテ中、ダイエット中におすすめの食べ物① うなぎ

夏バテ ダイエット

うなぎは疲労回復を促進するということは多くの方がご存知だとは思いますが、その理由は、うなぎはビタミンB1が多く含まれているからです。ビタミンB1には糖分を分解してエネルギーに変える働きがあります。

うなぎからビタミンB1を吸収して、疲労回復で塩分の摂りすぎにも注意ができます。

夏バテ中、ダイエット中におすすめの食べ物② もやしサラダ

夏バテ ダイエット

もやしもうなぎと同様、疲労回復効果が絶大です。もやしにはビタミンB2が豊富に含まれます。ビタミンB2も糖分を分解する効果があったり、更に脂肪燃焼効果も期待できます。

そしてもやしはさっぱりサラダにして食べたりお味噌汁にして食べると夏バテ中に食欲がないときでも食べやすく、ダイエットにも効果的です。

夏バテ中、ダイエット中におすすめの食べ物③ 豚肉

夏バテ ダイエット

豚肉にもうなぎやもやしと同様、ビタミンB2が多く含まれていて疲労回復で塩分摂りすぎを抑える効果があります。さらに豚肉にはたんぱく質も豊富に含まれているので基礎代謝量もアップし、ダイエット効果も抜群です。

高タンパク質ダイエットともいわれており、「たんぱく質」を摂ることは代謝をあげ痩せやすい身体にしてくれます。ダイエットには欠かせない栄養素ということがわかりますね。

夏バテ中には豚冷しゃぶなどにすれば更に低カロリーで高タンパク質メニューになるのでおすすめです。

夏バテすると食欲がなくなりダイエットできると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は夏バテ中に食べたくなる塩分の高い食べ物や飲み物のせいで太りやすい身体になってしまう原因になります。

汗をかいたときや疲れたときにはビタミンB1,B2が豊富に含まれるうなぎ、もやし、豚肉を積極的に食べて夏バテ防止、塩分摂りすぎ防止に気をつけましょう。

こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう