この記事をシェアしますか?

今がチャンス!!
話題のコンブチャが83%OFF!


チョコレートのダイエット効果は嘘?痩せるチョコの本当の選び方とは?!

チョコレートの本当のダイエット効果をご存知ですか?数年前に高カカオのチョコレートがダイエットに良いとブームになりました。ダイエット中でもチョコレートが食べれるなんて嬉しいと思った方は多いのではないでしょうか。しかし、やはりチョコレート=太る食べ物というイメージが拭いきれないのも現実です。

そこで、チョコレートのダイエット効果、ダイエット中のチョコレートの選び方などを参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

チョコレートでダイエットができる理由①

チョコレート ダイエット効果 理由 選び方

先に述べた通り、チョコレートは確かに高カロリーな食べ物です。ダイエットをするなら真っ先に排除するべきだと思われがちですが、チョコレートの食べ方に気を付ければ、ダイエット効果が得られます。

まずチョコレートを食べると血糖値が上がり満腹中枢を刺激してくれるので、少量で満足感が得られるという利点があります。

欧米の調査団体ではチョコレートを食事と食事のあいだに毎日少し食べる人のほうが肥満率が低いという研究結果も出ています。

チョコレートダイエットで人気の高カカオチョコレートのおすすめ5つと口コミのご紹介です!高カカオチョコレートのダイエット効果や成分も詳しく解説。チョコレートにはたくさんのダイエット中の方にとってうれしい成分が含まれています。ダイエット中のおやつとしてベストな高カカオチョコレート、今日のおやつから仲間入りさせてみては?

チョコレートを一気に食べず、小腹が空いた時などに分けて摂取すると、少しの量で満足でき効果的でしょう。




チョコレートでダイエットができる理由②

チョコレートでダイエットができる理由の2つ目です。チョコレートの主な原料はカカオマスとカカオバターです。この二つを合わせたものをカカオ含有率と言います。

このカカオマスにはカカオポリフェノールが含まれており、これがとても強い抗酸化作用の働きをしてくれるのです。抗酸化作用には細胞を活性化してくれる力があるので代謝があがり痩せやすい身体にしてくれます。

カカオマスには他にもリラックス効果に良いとされるデオブロミンやマグネシウムや鉄、亜鉛などのミネラル、便の通りを良くしてくれる食物繊維なども多く含まれています。

カカオバターは脂肪だから太る?

チョコレート ダイエット効果 理由 選び方

チョコレートの成分カカオバターはその名のとおり脂肪ですが、カカオバターの脂肪分は脂肪吸収率が低いので、体脂肪として身体に蓄積されにくいと言われています。

太るイメージが強いチョコレートでも、食べ方やチョコレートの選び方に気を付けてうまく摂取することでダイエットの強い味方になってくれるでしょう。

さて次にそのチョコレートのダイエット効果をあげるためのチョコレートの選び方を解説します。

ダイエット効果を上げるチョコレートの選び方とは?

どれだけチョコレートの成分が体に良いと言っても、チョコレート選びを間違ってしまってはダイエットに何の効果もありません。

例えばホワイトチョコレートは一般的なチョコレートとは違い、カカオマスが入っていないのです。

先ほどご説明したダイエットに効果的といわれているカカオマスが入っていなければ当然カカオポリフェノールも含まれませんし、デオブロミンやマグネシウムなどもほとんど含まれないのでダイエット効果は得られにくいでしょう。

ダイエット効果を期待したければ、カカオ含有量の多いチョコレートをオ選ぶようにしましょう。基準としては、カカオ70%以上のものがオススメです。




チョコレートのダイエット効果は嘘?痩せるチョコの本当の選び方とは?! おわりに

チョコレートに含まれるカカオマスがチョコレートがダイエットに効果的とされるキーワードです。

更にいっきにたくさん食べるのではなく食事と食事のあいだ、小腹が減った時などにカカオ含有量の多いチョコレートを選ぶことでダイエット中でもチョコレートを楽しむことができるでしょう。

こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう