この記事をシェアしますか?

今がチャンス!!
話題のコンブチャが83%OFF!


走る前に筋トレをやるとダイエットが効果的な理由とは?

みなさんは走る前に筋トレをやるとダイエットに効果的だということは聞いたことはありますか?走ることや筋トレをダイエットに取り入れている方、より効果的なダイエットにするための順番というものをご存じでしょうか?

スポンサーリンク

走る前に筋トレが効果的とは?

走る前 筋トレ

ダイエットや健康のために走ることを習慣にされている方も多いと思います。今では1000万人以上の人が走ることを習慣にしているともいわれています。それは走るのに適した靴や服、場所さえあれば気軽にできるという手軽さもありますね。

走ることが趣味だったりストレス発散のためのものであれば今回の記事はあまり関係のないものかもしれませんが、ダイエットや健康的に痩せたい方にとって、走るということをされている方は、少し工夫をすると大変効果的になるのです。

走ることとは「有酸素運動」に入ります。有酸素運動は、ただがむしゃらにやるよりも、効果的に健康的にダイエットができる方法があります。

例えば走る前に筋トレを少しでもすると、ダイエット効果が上がります。それは有酸素運動によってダイエット(脂肪燃焼)の効果が出るのは20分くらいあとに始まります。

有酸素運動の効果が高まるのは始めて20分後

走る前 筋トレ

有酸素運動を始めてからエネルギー消費、脂肪燃焼、期待するダイエットの効果が出てくるのは有酸素運動を始めて約20分後と言われています。ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、改めて有酸素運動の効果をご説明します。

有酸素運動を始めて、最初の20分間は、血液中のエネルギー代謝が行われます。血液中の糖分がエネルギーとされるということです。

そして、約20分くらい有酸素運動によって血液中のエネルギーが消費された後、やっとダイエット効果となる身体に蓄積された脂肪分の分解、エネルギー消費が始まります。

ですので有酸素運動は20分以上続けて初めてダイエット効果が発揮されてくるということになります。




有酸素運動の前に筋トレをするといいとは?

走る前 筋トレ

筋トレは有酸素運動ではなく「無酸素運動」の部類に入ります。運動時の脂肪燃焼、エネルギー消費効果が高いのは有酸素運動ですが、無酸素運動には、運動後に代謝が高まり特に筋トレによって筋肉量を増やしておけば、基礎代謝がアップし、痩せやすい身体にしてくれます。

筋トレによって筋肉量が増えると、基礎代謝が上がるとご説明しましたが、筋肉量が増え基礎代謝を高めておけば、運動しているときや、運動をしていないときにも消費されるエネルギーの量が自然と高くなり、痩せやすい身体になるという原理です。

走る前に筋トレをするとエネルギー消費量が高くなる

走る前 筋トレ

走るという有酸素運動は始めの20分間は脂肪燃焼が行われていない状態とご説明しましたが、走る前に筋トレをすることによって、代謝を上げておけば走っている最中に消費されるエネルギーが高まり、より脂肪分解効果を発揮してくれるということです。

アメリカの研究グループによると筋トレをして48時間は代謝が上がっている状態をキープできると発表されています。

走る前に筋トレをやるとダイエットが効果的な理由とは? おわりに

走ることを習慣にされている方は年々増えています。健康の為だったりダイエット目的だったりしますが、より脂肪燃焼の効果を高めたい方には走る前に筋トレをすることをおすすめします。

こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう